生命は精子が作るメロディだ

怒りの黒精子

 四十年以上前のことだが、わたくしがオヤジの精子だったことは、皆さんも知っていよう。…もともとややこしいことを考えてしまう精子だった。覚えている!

 たとえば、自分自身、というオリジナルな意識が存在することがでした。「そんなものなくて良くないか」、と、おさないころからしきりに疑問でした。というより、記憶に残っているうちで人生最初の疑問です。他の人のその人の意識、それでよくないか、とややっこしくってすみません! ただ、そういう精子もあるんですよ…

 …ん! まて! 『精「神」の子であるのが、精「子」』、ともとれないか? 言語学的にはそうなってしまう、というより、今はそう考えざるを得ない!…。…だって、この問いは人権意識しいては国際条約に匹敵する! また思いつきによれば、

音符と精子がにているのも、その理屈によるのだ!

 …だからわたくしは、今まで、一粒たりと精子を無駄にしたことはない! 常に「名前を付けて保存」している!

 ある科学者が「ドリーより一卵性双生児のほうが完璧なクローンだ」といっていた。ただし、精子にも個体差はあるんですよ! その根拠としては、卵子にたどり着けるやつはそうはいない。ある意味、それは、Hな精子、である。………

 まあ、精子はもういいとして、生死、の問題に移りましょうか。肉体の死後、意識が全く消え去るか、というと、少なくとも、数秒ないし数分間は存在が認められてるとか。どうやって認めたかはしりません。

 が、集合的な普遍の意識、これがあるからには、また、わたくしが幼い頃に体験した共有意識(いつか書くとしても、胡散臭いだけなので今ここでは書かない!)、など、これらを考えるに、脳を含む身体が死滅して、すなわち無に帰す、というが、今思うに、精子的論点(?)からして、正直、無から宇宙が発生し、今、我々の意識がある、とすれば、我々の意識というのは、果たして生物学的な脳の状態だけだろうか、となりますね。ややこしいこと、申し上げております。…ややこしいことを精子から考えてしまうのがわたくしです。すんません!

 しかし、クローン技術で全く同じDNAをした個体を生み出しても、時というものの支配下で、違う場所にいる限り(生命体である限り、ある一定の時間にある一定の場所を専有せざるを得ません)、全く意識までもがおなじになるわけがないんです。例えば、ちょっと今、これをお読みの皆様方、今いる場所を数センチでもかえてみましょう。見えることごと(認知)、見え方(認識)、気分(感情)、また、考え(思考)までもが異なりませんか。クローン技術自体はとても、単純な理論に基づくようですが(膨大といえど文字のパターンに過ぎない)、意識が同じだったら共有状態が生まれるはずです。幼い頃、それににた現象が起きた…やっぱり胡散臭いので今はやめておく。

なににせよ、同じく精子といえども個体差はあるはずですが、やっぱり同じ精子なんです!

 ダラダラとよくわからないことを、意味ありげにかいたが、まさしく、睾丸無恥、とはわたくしのことである。
 やや、ここに及び、ギャグレベルの低下、ネタの行き詰まりを見せ始めたところで、…さて、次回はプラズマについて書く。生命の火花…ということばもあるのである。クローン技術にも、この「ショック」は欠かせないという。そこでそれににたショックもあって、いきなり「プラズマについて書きたい」…昔、精子だった男が、今、こう考えている。

宿題としては、地球の核(コア)の温度、である。

混沌コントロール・山﨑雅之

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 音楽ブログへ



ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

混沌コントロール

1978年兵庫県尼崎市生まれ。作曲家、著作者、愚か者。冒険家。政治活動結社「医療大麻開放党」「東京公司大麻党連邦捜査局」(元「大麻自由党」)代表。IQ65 。前科3犯。  生まれ持ってのADHD患者であることが、誤診16年を経て判明したが、挙句、様々な薬物中毒に陥る。現在の日本の、特に精神医療に対して激しい怒りを持っている。これからも、持ち続ける。  と、思っていたが、2019年1月8日、捜査、及び、化学(科学)的根拠、令状文、また本人の自覚にかなり疑わしき部分が残る事情をもって「覚せい剤取締法違反」に問われ逮捕される。  およそ5ヶ月の勾留を経て、服薬量が大幅に回復(およそ十分の一の量にまでに減薬)。それでも、現在も、こりずに薬物問題に向き合っている。  その他、前科前歴多数。その殆どが間抜けな不注意によるもの。  バンド(地獄の一丁目)活動を経てバンド仲間から絶交される(実質見捨てられる形)にいたり、現在、アーティスト名を「混沌コントロール」と名乗り、「まったくライヴ活動をせずインターネット上だけで(つまりこの部屋から一歩も出ず…)世界を制覇してみせる」と断言。  2014年、本邦において初の動きとして創立に及ぶ政治活動結社「大麻自由党」が中国華僑新聞等のメディアにて世界的に着目を浴びたが、日本においてはその性質上メディアが全く動けず無視され続けるが、今後の展開が期待を孕む。(Wikipedia参照)(のちに削除)  さらに2014年、CNNにて、その演奏姿が全世界に放映されるに至り、ひとまずは、宣言通りの野望、その入り口にたどり着く。これから更に精進いたします。http://www.youtube.com/watch?v=1ExUt6i0boM&list=UUedHp6KcvCTPn-vEkXm8GwQ 混沌コントロール公式サイト(CTRL Global Label) http://konton-control.com/ 混沌コントロールサウンドクラウド https://soundcloud.com/konton-control https://soundcloud.com/konton-ctrl 混沌コントロールYoutubeチャンネル http://www.youtube.com/user/kontoncontrol 「この部屋から一歩も出ず、世界制覇」などと書いてはいたが、2013年5月頃、孤独死寸前の状況下において、拘留を受けたため、家賃が払えず、結局、部屋を追い出される。およそ、このあたりがその人生の第一部、完。  ミュージシャンとしての夢は、ゴールドディスクをいつか手にしてみせる!ということであるが、こないだ、すっかり更新忘れてて、 ゴールド免許さえ取得できなくなった のが、実際のところ。  2019年6月現在、フリーランス、在野において作曲、アレンジ、サウンドクリエーターの仕事を請け負っている。  さらに!現在、自伝をもとにした大長編作文小説執筆中。つづきは出版本で!詳しくは出版本で!!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする