エビリファイ的性欲おばさん

 わたくしだったら年中サカっているが、今までのいろんな経緯からみるに40マエで女はサカる、とみた。

ある、精神的貧民、…あまりにも、贅沢ぐらしに飼いならされて育って、それでも不満があって、常に聞かされていたのが、今までに引っかかったオトコたちから以下に虐待を受けたか、また、なんともアホらしいことに、両親への不満愚痴だけだったのである。そんな女が、まるっきり同じ道に手を染めつつ、むしろ、またもや人のせいばかりにしているのである。…打っちゃけ、美の基準が低すぎる。わたくしも大概において「こころの貧しさに関して自負している」が、今回ばかりは一巻の終わりである。

これは、その「心貧しいわたくし」だから痛感できたことであると思うが、

人と人の結びつき。これまた、なさけないことに、わたくし、勾留をひたすら延長されて、運動時間がない、あるのとないので気持ちが随分違うことに、きがつくのであった。本当に、人というのは大事だ。一緒にいてくれるだけで、苦痛をわすれられる。その意味で性欲おばさんの選択は正しいと思う。ダサいが。そして安易である。理不尽な世の中にあって(公正でない社会にあって)、お互いをケアしていく方法と言ったら、人と人の結びつき、励まし、時に厳しさ、それしかなくないか。ひとことでいうと、人間性である。やや真剣にいっております。

まあ一人でいたいときも多いですが、自由を奪われた場合、本当にひとのありがたさがわかる。ほんとだよ?… ひとのありがたさ、しかしこれは安易にひとを娯楽利用する、結びつきに責任を持たない、というのとは絶対に違う。むしろ相反するものだ。

その意味(自由及び豊かな時代)で、人の大事さは忘れ去られていってしまう、ということを再確認できるのが、牢屋である、が、そんなしょっちゅういってはいけないところだ。

誰しも考えると思うが地上に本当にたった一人になったとしたら、たちまち自殺しかなかろう。特に人になにかを伝える(提供する)仕事に携わっている場合、他の人がいなければ成り立たないことは当たり前、というより、他の人がいるのが前提であり、そこは日々、心にあることだと思う。仕事、といっても、損得勘定(現代的効率)ではなかろう。

とはいえ、これだけ情報過多の現代…そこが病の源であるが、そこをうまく渡っていくことも大事かもしれないが、そこには、美の基準や…白状するが私自身の古い道徳観…人間的限界も認めよう。だからあえて、いおう!

どなたか美人の女性GIRLさん、付き合ってください。或いは合体しましょう!合体希望の方はいいねください…また、友達からスタートのコースもここでいいねできます。)

ではそこで、おれさまはどこの出会い系で行くかだな…(ちんだー。それはもってのほか!ダサいから!)…皆さんおすすめの出会い系ないんですか。マッチングゆうとったな。

ま、べつにどうでもええわそんなもん、取り合えず今。かってにやっときゃいいが、隠し立てしつつ、というのが、あかん。あかんすぎる。少なくとも、そんなことを密かにやらかす文化はおれにはないな。なかなかつらい。

ある女が、ちゃっかり、三週間近くもこっそり姦通してたのである。So What! (ついていけないテンションだ。おれには無理だ)そこでそのおんな、

最終的について出たことばが、何のプライドだか知らないが、離婚したらそんなもん、だと。大いに結構である。あわれなおんなだ。

ゆえに、おんなこどもにROCKがわかった試しなしである。そして今日からというより今までもそうしてきた通り、センズリで行く! 「夢精はねてまて!」(一方的に話すところをきくに「寂しいから」「心細いから」「家に来てくれないから」だと。たいがいにしろ

罰金刑などでもよく聞くハナシ…「適当な女引っ掛けて払わせたらいいのに」…まあ趣味のレベルであるが、流石におれにはちょっとやれないんだ。…結局世の中、そういう次元で「自分は罪人でない」と言ってるという実感がひどくある。

効率のためにひとをモノにまで貶める行為…流石に、もと、あくまでもと、うちの女房に限ってそれはしない、とおもってたぜ。うかつだった。…とはいえ、情状証人的に5年以上助け合ってきたよしみである。本人を全否定する気にはなれないが、かといって、手放しでそれをおめでたいことにする気は更にない! 無論おれが反省すべき点など山ほどある。しかし、それらすべて見て、「氷山の一角」である。きれいごとばっか性欲と独占欲にまみれつつぬかしくさって…掃き溜めの女王。

そして、周囲の友人方々、ヤツのケアは、なるべく願いします。自分が正しいなどという気はサラサラないんですが、か弱い女であるため、なるべく助けてあげてください。私は喧嘩するので!

まだゆうたほうがええ? 今までのハナシなど全然序の口! まあ、これ以上いうと、なんだかおれが、女々しいやつになってしまうため、それははっきりいってゴメンであるため、今よりそれを教えてやる。山崎氏が口をつぐんだときの無言の迫力、これを見せつけたい!

そこできっと、数ヶ月して泣きつかれたら許してしまうに違いないが、それをさせないよう、厳しめに行く! おれだって赤坂で鳴らしたんだ!

今日はこのへんで勘弁しといてやる!

混沌コントロール・山﨑雅之

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 音楽ブログへ



ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

混沌コントロール

1978年兵庫県尼崎市生まれ。作曲家、著作者、愚か者。冒険家。政治活動結社「医療大麻開放党」「東京公司大麻党連邦捜査局」(元「大麻自由党」)代表。IQ65 。前科3犯。  生まれ持ってのADHD患者であることが、誤診16年を経て判明したが、挙句、様々な薬物中毒に陥る。現在の日本の、特に精神医療に対して激しい怒りを持っている。これからも、持ち続ける。  と、思っていたが、2019年1月8日、捜査、及び、化学(科学)的根拠、令状文、また本人の自覚にかなり疑わしき部分が残る事情をもって「覚せい剤取締法違反」に問われ逮捕される。  およそ5ヶ月の勾留を経て、服薬量が大幅に回復(およそ十分の一の量にまでに減薬)。それでも、現在も、こりずに薬物問題に向き合っている。  その他、前科前歴多数。その殆どが間抜けな不注意によるもの。  バンド(地獄の一丁目)活動を経てバンド仲間から絶交される(実質見捨てられる形)にいたり、現在、アーティスト名を「混沌コントロール」と名乗り、「まったくライヴ活動をせずインターネット上だけで(つまりこの部屋から一歩も出ず…)世界を制覇してみせる」と断言。  2014年、本邦において初の動きとして創立に及ぶ政治活動結社「大麻自由党」が中国華僑新聞等のメディアにて世界的に着目を浴びたが、日本においてはその性質上メディアが全く動けず無視され続けるが、今後の展開が期待を孕む。(Wikipedia参照)(のちに削除)  さらに2014年、CNNにて、その演奏姿が全世界に放映されるに至り、ひとまずは、宣言通りの野望、その入り口にたどり着く。これから更に精進いたします。http://www.youtube.com/watch?v=1ExUt6i0boM&list=UUedHp6KcvCTPn-vEkXm8GwQ 混沌コントロール公式サイト(CTRL Global Label) http://konton-control.com/ 混沌コントロールサウンドクラウド https://soundcloud.com/konton-control https://soundcloud.com/konton-ctrl 混沌コントロールYoutubeチャンネル http://www.youtube.com/user/kontoncontrol 「この部屋から一歩も出ず、世界制覇」などと書いてはいたが、2013年5月頃、孤独死寸前の状況下において、拘留を受けたため、家賃が払えず、結局、部屋を追い出される。およそ、このあたりがその人生の第一部、完。  ミュージシャンとしての夢は、ゴールドディスクをいつか手にしてみせる!ということであるが、こないだ、すっかり更新忘れてて、 ゴールド免許さえ取得できなくなった のが、実際のところ。  2019年6月現在、フリーランス、在野において作曲、アレンジ、サウンドクリエーターの仕事を請け負っている。  さらに!現在、自伝をもとにした大長編作文小説執筆中。つづきは出版本で!詳しくは出版本で!!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする