伊藤さん(一億円セドラー)と山﨑氏と黒野氏

山﨑 えと何とか伊藤さんお力で出版社たちあげれませんかね。黒野さんと山﨑が頑張りますので。絶対売れる本になるはずなんすよ。

伊藤さん 出版社?

山﨑 ええ、本書いて売るんですけど、…逮捕されたりした話。現在の司法についての問題点とかを。黒野忍さんといったら、その道では、生き残ってる人では権威なんですね。他はみんな、何もしなくなってしまった。あるいは亡くなられてしまった。 昔、青山正明 さん、というカリスマライターがいたんですがそのお弟子さんにあたる人で、今の出版業、大分、周囲がうるさいらしく、医療大麻の発言すらできないらしくて、じゃあ、よほど肝の座った出版社じゃないと出せない、といってました。逮捕関連ならまだしも、ていうんですが、話がそれだけで終わるわけがないんですよ。

中島らも氏が、実際はその黒野さんに事前に相談してたみたいで、自殺、らしいんですよ。メディアは一切それをいわなかった。

それをきちんと書けば、絶対に売れる本になるはずなんです。中島らもさんのファンは読むだろうし、青山正明さんのファンも読むに決まってるし、黒野さんのファンも読むだろうし、僕の隠れファンもついでに。

億単位を狙える話です(大きめに出た!)。 例えば太田出版だったかで100万部を売り上げた「完全自殺マニュアル」て言う本が一時期はやったですが、それのほとんども、青山正明さんの入れ知恵によるものだった、て言う話です。青山正明さんの著作も10万部を売り上げてる。

僕の考えでは海外に出版社立ち上げてそこからの出版という形さえ取れば、何も言われる筋合いがないというかんがえなんけど。

まあ、今は僕一人が非常に憤りを感じてるだけの段階ですけど、ゆっくり企画していきますんで一応考慮にいれておいてもらえません?

今、思いつく限りの出版社に話を持ちかけたんですが、返答があったのは二社だけで、あとは、スルーされてしまう状態ですね。だから、僕が厚生労働省を叩きに叩いてます。「人を自殺に追い込む厚生労働省がなにさまじゃ」と。

ここから黒野さんとの会話

黒野(以下敬称略) 医療大麻に関しては文藝春秋さんが「真面目にマリファナの話をしようか」とか出してます。

山﨑 なるほど、ではそれはそちらにお任せてしておきましょうか。 ただ僕がやはり憤りを覚えるのは何よりも自殺にまで追い込むほど深刻なダメージだということを御上は自覚してはいない、ということですね。らもさんといい、やはり、青山さんといい、山本さんの裁判なんかもそうですけど。

やっぱり、ドラッグに興味を持ってしまった場合、そして環境のいかんによってだれもが蝕まれる心の病であり、その点について、まるで世間がわかっていないことです。好奇心、誰しもが、教育というプログラミングよって「抑圧される衝動」だと思うんですね。だって、ぼくがそうでした。…元々、大嫌いだったんですよ。洗脳受けていたので「人間やめますか」に。

黒野 まあパクられたら病みますよね。僕なんか在宅起訴でずーっと神戸まで通わされましたしね。それに芸能人の方ってパクられたら出家して更生?(そもそも出家意味あんの?)や離島で焼肉店オープンとかしてますから、しょせんぜーんぶ金なんでしょ。

山﨑 ですね。しかし、末端の僕みたいなん捕まえたって、結局、国選弁護費用の無駄遣い、裁判の費用も無駄遣いですからね。あと、人によってはまだ解明されてはいない、何かに押しやられて辞めれない等の場合もあると思います。たとえば、ADHDでいえば、明らかになりつつあるのが、ドーパミン受容体の問題ですが、いまでは統合失調症と覚せい剤世親病のメカニズムってD2受容体に結びつきすぎることが明白なわけです。逆に、ADHDの場合、それが機能不全を起こしてる、というところまでは、わかってきているみたいです。

午前1:50

山﨑 え、今、東京に住んでるんでしたっけ? そこから神戸ですか?

黒野 そですよ、東京から神戸に5ヶ月通いました。月1の取り調べ朝9時から夕方17時まで。

山﨑 もちろん自費ですよね。

黒野 ええ。実費ですよ。グリーン車(笑) で審議官に「弁護士頼んで良いですか?」と聞いたら「何も変わんないから」と言われ、頼んだら解決しました。

山﨑 すげえなそれ笑。僕が新潟住んでた時、警察十名くらいでガサ入ったんですが、結局何も出てこず、尿にも何もでない。で、その大阪から新潟までの新幹線代はどこが出してるのか、と言うと、税金なんですよねw

黒野 職員は税金で移動出来るからいいですけど、僕ら市民は実費です。

山﨑 こう言う無駄と、引き換えに代償がどれだけ大きいか、というのを検討してもらうという方向性、この、メッセージでのやり取りも含め、編集していくと、すでに本がが出来上がる気がします笑

以上は山﨑が勝手に会話を編集してまとめあげたものである。悪しからず。

混沌コントロール・山﨑雅之介

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 音楽ブログへ



ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

混沌コントロール

1978年兵庫県尼崎市生まれ。作曲家、著作者、愚か者。冒険家。政治活動結社「医療大麻開放党」「東京公司大麻党連邦捜査局」(元「大麻自由党」)代表。IQ65 。前科3犯。  生まれ持ってのADHD患者であることが、誤診16年を経て判明したが、挙句、様々な薬物中毒に陥る。現在の日本の、特に精神医療に対して激しい怒りを持っている。これからも、持ち続ける。  と、思っていたが、2019年1月8日、捜査、及び、化学(科学)的根拠、令状文、また本人の自覚にかなり疑わしき部分が残る事情をもって「覚せい剤取締法違反」に問われ逮捕される。  およそ5ヶ月の勾留を経て、服薬量が大幅に回復(およそ十分の一の量にまでに減薬)。それでも、現在も、こりずに薬物問題に向き合っている。  その他、前科前歴多数。その殆どが間抜けな不注意によるもの。  バンド(地獄の一丁目)活動を経てバンド仲間から絶交される(実質見捨てられる形)にいたり、現在、アーティスト名を「混沌コントロール」と名乗り、「まったくライヴ活動をせずインターネット上だけで(つまりこの部屋から一歩も出ず…)世界を制覇してみせる」と断言。  2014年、本邦において初の動きとして創立に及ぶ政治活動結社「大麻自由党」が中国華僑新聞等のメディアにて世界的に着目を浴びたが、日本においてはその性質上メディアが全く動けず無視され続けるが、今後の展開が期待を孕む。(Wikipedia参照)(のちに削除)  さらに2014年、CNNにて、その演奏姿が全世界に放映されるに至り、ひとまずは、宣言通りの野望、その入り口にたどり着く。これから更に精進いたします。http://www.youtube.com/watch?v=1ExUt6i0boM&list=UUedHp6KcvCTPn-vEkXm8GwQ 混沌コントロール公式サイト(CTRL Global Label) http://konton-control.com/ 混沌コントロールサウンドクラウド https://soundcloud.com/konton-control https://soundcloud.com/konton-ctrl 混沌コントロールYoutubeチャンネル http://www.youtube.com/user/kontoncontrol 「この部屋から一歩も出ず、世界制覇」などと書いてはいたが、2013年5月頃、孤独死寸前の状況下において、拘留を受けたため、家賃が払えず、結局、部屋を追い出される。およそ、このあたりがその人生の第一部、完。  ミュージシャンとしての夢は、ゴールドディスクをいつか手にしてみせる!ということであるが、こないだ、すっかり更新忘れてて、 ゴールド免許さえ取得できなくなった のが、実際のところ。  2019年6月現在、フリーランス、在野において作曲、アレンジ、サウンドクリエーターの仕事を請け負っている。  さらに!現在、自伝をもとにした大長編作文小説執筆中。つづきは出版本で!詳しくは出版本で!!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする