本当に本物の話を書きたい。ただ、きくところ、出版業界において、今ではドラッグ肯定の本を出版業界では、よほどすげえところでないと無理だという。

そのため、わたくしがどういったもんかを説明するに至るわけであるが、そんなことやってたところで万人の目にふれえない。しかし、書かずにはおられない。なぜというに、あまりにも悪趣味だからだ。

大麻ごときで捕まってパクられて自殺する、それも有能なひとが、まず確実に二名いる。

きいたことがあるだろう。中島らも氏青山正明氏の二名だ。

厚生労働省がころした

といって差し支えない。かなしい。実にかなしい現実だ。

逮捕されて拘留を受ける苦痛、それが嫌で、自殺してしまう人たちがいる。被害者なき犯罪である「薬物問題」に関して書くので、出版社を求めている次第だ。

タイトルはズバリそのまま、

「薬物問題」

としたい。

少なくとも、2014年以来、私は叩きあげられてきた。警察に保護されるに至るまで。

それも全裸で血まみれで。

ますますもって反抗のしがいがある。

これは言論、思想に自由が保証されていないどころか、まさに、被差別生の謂である。#外務省 #国際条約 #厚生労働省  #内閣総理大臣 #法務省

それを目の当たりにしながら、何もしない連中も結局。

メディアと言うのはとことん、他人のスキャンダルで喜んでいるやつらであって、そのくせ、生産的なことに対しては足を引き摺り下ろすのである。しかし、我々のなかのその卑小な精神も、自覚せねばならない。

これは、伊藤さんが出版社を立ち上げてくださることを願う。そして一冊出してつぶしましょう。それがいい! それぐらいしないと本当のことが言えない国になってしまっている。なんたる情けなさ。

悲惨、と、いいかえてもよい。洗脳国家とさえ言える。それええな、「いつから日本人は自ら考えなくなったのか」とか、なんやったらアカデミックというか大げさに展開したったらええんちゃうんか。日本国憲法と薬物問題とか。

でも決して大げさではないけどな、自殺者がしょっちゅう出る以上。

混沌コントロール・山﨑雅之介

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 音楽ブログへ



ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

混沌コントロール

1978年兵庫県尼崎市生まれ。作曲家、著作者、愚か者。冒険家。政治活動結社「医療大麻開放党」「東京公司大麻党連邦捜査局」(元「大麻自由党」)代表。IQ65 。前科3犯。  生まれ持ってのADHD患者であることが、誤診16年を経て判明したが、挙句、様々な薬物中毒に陥る。現在の日本の、特に精神医療に対して激しい怒りを持っている。これからも、持ち続ける。  と、思っていたが、2019年1月8日、捜査、及び、化学(科学)的根拠、令状文、また本人の自覚にかなり疑わしき部分が残る事情をもって「覚せい剤取締法違反」に問われ逮捕される。  およそ5ヶ月の勾留を経て、服薬量が大幅に回復(およそ十分の一の量にまでに減薬)。それでも、現在も、こりずに薬物問題に向き合っている。  その他、前科前歴多数。その殆どが間抜けな不注意によるもの。  バンド(地獄の一丁目)活動を経てバンド仲間から絶交される(実質見捨てられる形)にいたり、現在、アーティスト名を「混沌コントロール」と名乗り、「まったくライヴ活動をせずインターネット上だけで(つまりこの部屋から一歩も出ず…)世界を制覇してみせる」と断言。  2014年、本邦において初の動きとして創立に及ぶ政治活動結社「大麻自由党」が中国華僑新聞等のメディアにて世界的に着目を浴びたが、日本においてはその性質上メディアが全く動けず無視され続けるが、今後の展開が期待を孕む。(Wikipedia参照)(のちに削除)  さらに2014年、CNNにて、その演奏姿が全世界に放映されるに至り、ひとまずは、宣言通りの野望、その入り口にたどり着く。これから更に精進いたします。http://www.youtube.com/watch?v=1ExUt6i0boM&list=UUedHp6KcvCTPn-vEkXm8GwQ 混沌コントロール公式サイト(CTRL Global Label) http://konton-control.com/ 混沌コントロールサウンドクラウド https://soundcloud.com/konton-control https://soundcloud.com/konton-ctrl 混沌コントロールYoutubeチャンネル http://www.youtube.com/user/kontoncontrol 「この部屋から一歩も出ず、世界制覇」などと書いてはいたが、2013年5月頃、孤独死寸前の状況下において、拘留を受けたため、家賃が払えず、結局、部屋を追い出される。およそ、このあたりがその人生の第一部、完。  ミュージシャンとしての夢は、ゴールドディスクをいつか手にしてみせる!ということであるが、こないだ、すっかり更新忘れてて、 ゴールド免許さえ取得できなくなった のが、実際のところ。  2019年6月現在、フリーランス、在野において作曲、アレンジ、サウンドクリエーターの仕事を請け負っている。  さらに!現在、自伝をもとにした大長編作文小説執筆中。つづきは出版本で!詳しくは出版本で!!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする