あたまが悪くて悪かったな

ADHD、とやらに生まれついた。そのことを書く。思いつくままに書く。

 確実を期するため、初診でADHDはほぼ確定していたのだが小学生の通知表を提出。うまれもってのADHDであること、そして、幼少期からきちんとした治療というか、社会的な対応がなされなかったために、それがこじれにこじれ、重度の注意欠如で反社会的行動を伴うものという診断が確実となる。

ADHD、これは集中困難、注意力の欠如を特徴とし、焦燥感が主な症状である生まれつきの脳障害だ(おまけに軽度知的障害まできちんとした治療を行わなかったどころか、間違った治療を続けたため、二次障害として加わる。そのIQテストによれば、65、という数値が弾き出されている。しかし、違う日にどーせ頭悪いしどーでもいーや、と思いつつ、処方薬でしこたまラリった挙げ句受けた知能検査に於いてなんと、IQ77,に上がっていたことも、事実だ! つまり12上がっていた!12!!そう!これは音階でいうと、一オクターブに相当する! 一オクターブの表現力、これは、無限大である!…)

まあ、わたくしは頭脳で考えなどしない。全身全霊で考える。山﨑雅之というOSを用いて。…などと、かっこよく言い放ってみても、やはりこの結果をもらい、ショックであった。 が! その数秒後、おれは逆転の発想を得た。まさか、もしかして、この小学六年生相当といわれる知能でいわゆる健常者社会を、全身傷にまみれつつ、時に拘留を受け、時に強制入院させられながらも、生き延びてきた、という、そのことはまさに「奇跡」いや、超人のなせる技ではないのか、と!

そんな社会的には障害者とされてあるわたくしですが、実際は別に障害者であることを苦には思わないんですね。確かに、症状は辛い。時に全く動けないどころか、倒れることすらある。

が、そのほかの、「障害者というラベル」に関しては、全く、なんともおもっていない、どころか、これは、使えるもの、だと思っている。社会的、または、人道的に障害を有効利用するからだ。差別でいうと、二重差別的な感じだと思うんですが、たとえば、障害を患っていない方だといえないセリフ、タブー、暗黙の了解を経た禁句、などを

「自身が障害者なのだから、障害者の意見をいってるだけだ」、ということができるうえ、他人から、いじめられた暁には

「障害者をいじめている」

という、その相手を最低の社会的評判に貶めることができたりして、だいぶん、

障害を満喫

しておりますね。

といっても「満喫する」、くらいでないとのりきれないんですが…。その症状が。

ADHDの集中困難に基づく「遂行困難」といわれる症状であるが、健常者にもそれはある。

が、これが、障害レベル(日常生活に支障を及ぼすレベル)であるか否かが、社会適応における実際の判断基準となるため、知能指数、といってよいかどうか実際にはわからないIQテストなどで低い基準を示すことはあたりまえだ。話を聞く集中力すら時にないためだ。

先達のADHDというと、アインシュタイン、ニュートン、エジソン、そして、山﨑雅之介(混沌コントロール)。これがADHD四天王(春夏秋冬、東西南北も捨てがたい)である。

この四人がつるんだとしましょうか、…どうなりますか。…地球くらい軽くふっとばせる。と、毎度、大きく出ております。が、実はこれ、つまり僕が公の面前で大きな口を叩くのは、できそうもないことをちゃんと最後までやるために、「口だけ達者な奴」と、なるべく周囲に言われないように「大きくでたこと」を自分自身でしょっちゅう思い返して「いうてもうたな」「言うてしもたからには意志を持って、結果はともかく、一生懸命にやる」ための、パフォーマンスも兼ねた、生きるための知恵なんですよ。

ああ、虚しい。この辺にしておきます。

混沌コントロール・山﨑雅之介

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 音楽ブログへ



ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

混沌コントロール

1978年兵庫県尼崎市生まれ。作曲家、著作者、愚か者。政治活動結社「医療大麻開放党」(元「大麻自由党」)代表。IQ65 。  生まれ持ってのADHD患者であることが、誤診16年を経て判明したが、挙句、様々な薬物中毒に陥る。現在の日本の、特に精神医療に対して激しい怒りを持っている。これからも、持ち続ける。  と、思っていたが、2019年1月8日、捜査、及び、化学(科学)的根拠、令状文、また本人の自覚にかなり疑わしき部分が残る事情をもって「覚せい剤取締法違反」に問われ逮捕される。  およそ5ヶ月の勾留を経て、服薬量が大幅に回復(およそ十分の一の量にまでに減薬)。それでも、現在も、こりずに薬物問題に向き合っている。  その他、前科前歴多数。その殆どが間抜けな不注意によるもの。  バンド(地獄の一丁目)活動を経てバンド仲間から絶交される(実質見捨てられる形)にいたり、現在、アーティスト名を「混沌コントロール」と名乗り、「まったくライヴ活動をせずインターネット上だけで(つまりこの部屋から一歩も出ず…)世界を制覇してみせる」と断言。  2014年、本邦において初の動きとして創立に及ぶ政治活動結社「大麻自由党」が中国華僑新聞等のメディアにて世界的に着目を浴びたが、日本においてはその性質上メディアが全く動けず無視され続けるが、今後の展開が期待を孕む。(Wikipedia参照)  さらに2014年、CNNにて、その演奏姿が全世界に放映されるに至り、ひとまずは、宣言通りの野 望、その入り口にたどり着く。これから更に精進いたします。http://www.youtube.com/watch?v=1ExUt6i0boM&list=UUedHp6KcvCTPn-vEkXm8GwQ 混沌コントロール公式サイト(CTRL Global Label) http://konton-control.com/ 混沌コントロールサウンドクラウド https://soundcloud.com/konton-control https://soundcloud.com/konton-ctrl 混沌コントロールYoutubeチャンネル http://www.youtube.com/user/kontoncontrol 「この部屋から一歩も出ず、世界制覇」などと書いてはいたが、2013年5月頃、孤独死寸前の状況下において、拘留を受けたため、家賃が払えず、結局、部屋を追い出される。およそ、このあたりがその人生の第一部、完。  ミュージシャンとしての夢は、ゴールドディスクをいつか手にしてみせる!ということであるが、こないだ、すっかり更新忘れてて、 ゴールド免許さえ取得できなくなった のが、実際のところ。  2019年6月現在、フリーランス、在野において作曲、アレンジ、サウンドクリエーターの仕事を請け負っている。  さらに!現在、自伝をもとにした大長編作文小説執筆中。つづきは出版本で!詳しくは出版本で!!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする