何も書く気力がない

実際、形式上の事、と言うのがほんと疲れる。後ろめたさもある。でも、これは、いや、まあいい。そんな時こそ、稚拙ながらも、無理やり笑おうと思う。ので、

過去にわたくしが、初めて警察に逮捕された時の、日記があった

ので、それを加筆修正し、公開したい。以下。

これは出版本にも引用するつもりだが、初めてわたくしが御用となってそれを正々堂々と書いてみせるから仕事場をクビになった、問題の日記である!

只今前科一犯未満!? 2005年06月18日

 近頃(に始まったことではないが)、全くやる気が起らない。前回の日記(バンド「地獄の一丁目のバンド日記」)からどのくらいたっただろう。確認すると、ああ! 一ヶ月近くこの日記書いてないではないか。これはいかん、ということで気力を振り絞って布団のなかから書き送ります……。

 こないだ、実に恐縮な話なんですが、物心ついた頃から四半世紀もの永きに渡って犯罪をおかし続けといておきながら生まれて初めて

交通法違反以外で警察に捕まった。…なんですかね、

窃盗の現行犯逮捕

といったカタチになるんすか、状況的には…。
ちょっと雑用で出かけて駅付近にチャリンコ(これも盗んだモノ)を放置してたんですが、帰りの際、そのチャリンコにまたがったらパンクしてたんですね、だから

その自転車はそのまま捨てて

さらに違う自転車を、不覚にもちょっと間違えて(注意欠陥!)

パトカーのま横で、盗んだ

んですよ。たかが警察如きに恐れをなして態度を変えるのは

どうかと思った

わたくしがバカでした。非常に恥ずかしく思いながら、反省は、なんともかなしいことに、反省する気すら起こりません。反省してません。すみません。
わたくしは、常々、ひと一人がモノやカネを独占せずに、

みんなで使えばいい

のに、とかねがね思ってるので犯行に際しては冷静そのものだった。盗んだあとのわたくしの気持ちに良心の呵責みたいなもんは微塵もなかった。

パトカーひったくり事件多発のため道路で張ってたのだそうだ)のすぐ横で余裕でモノを盗って帰ろうとするヤツ

を警官はどう思っただろうか。今になってそう思います。

とにかくチャリンコにまたがって数秒後、気づいたらおれは捕まっていた。

捕まってから初めて自分が犯罪をおかしてることに気づいた。

しかしそれに気づくのがほんの少し遅かったようだ。一部始終を見ていた、武装中の二人組の男にパトカーに乗せられた。わたくしはちょっとだけアセった。捕まったからではない。なんせ捕まるなんぞ生まれて初めてなもんで、パトカーで拉致されてからのヤバい展開が脳裏をよぎったからだった。

続く。

山殺気

只今前科一犯未満!?(パンツのなかに注射器を隠せ!) 2005年06月19日

またまた前回からあいてしまったが、書きます。気長に待ってくれてる方ありがとうございます。

前回、「ヤバい展開が脳裏をよぎった」と言うくだりでおわってましたね、確か……。それはなぜか、なぜなら、運悪く、その時、普段は持っていない、もう五年あまり使っているリュックサックを背負っておりまして、そのなかには

使用済みの注射器、一本と開封されてない注射器一本の計二本

がリュックのなかにはいっており、そして極めつけなことに、

いわゆるマヤクの類しこたま

及び免許を持ってない一般人が所持してはいけないとされる雑草

なども入っていて、さらに極めつけなことに、つい先ほどの今し方、駅のトイレで、

静脈注射を終えて雑草を吸いまくったとこだったからだ。
静注なんか久しぶりだったんで、なかなか静脈に突き刺さらず四つほどの注射痕と一筋の流れしたたる血の乾いたあとが残っている。
わたくしはま”りっま”りにキマってたがなんとか理性を取り戻した。警官の質問(覚えてない)にもしっかり受け答えできたと思う。しかし「ひったくりを張ってた」というくらいだから、所持品くらいはチェックされるかもしれない。パトカーで拉致されながら、わたくしはリュックのなかの「怪しいモノ」すべてを二十秒以内にパンツのなかに隠した。助手席の警官に話かけられながら……。
続く

山殺気

只今前科一犯未満!?(結局のところ) 2005年06月20日

パトカーで拉致され、しばらく近くの警察署にて監禁されてなんやら色々と質問を受けながらわけのわからん書類を書かされて拇印まで押させられて、その間中、股間の辺りに群がるブツ達と注射痕が気になって仕方なかった。幸い、ご存知の通り、わたくしは

おかしな悪運が強い、うえに不死身で無敵なので

ので、注射痕に気づかれることなく、所持品の検査も何もなかったんで、大丈夫、ほっと一息、やれやれ、ご苦労さん、といった塩梅で助かったんですが。

最高にハイテンションを悟られないように、麻薬所持の状況下で取り調べ

を受けるのはとってもスリリングでした。
無事に済んだ、とはいえ、後日、再び呼び出されて写真やら指紋やら撮られまくったので以後、犯罪を行うに際しては慎重に気を配ろう。ファッションリーダーのわたくしにいわせると、

ビニール手袋とか

必須アイテムだな、今年の夏は……。

 最後に警官に「なんでパンクしたくらいで人の自転車を盗むのか」、という質問に対してのわたくしの返答を記して終わろう。

「そこに自転車があったから」

山殺気

混沌コントロール山﨑雅之介

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 音楽ブログへ



ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

混沌コントロール

1978年兵庫県尼崎市生まれ。作曲家、著作者、愚か者。政治活動結社「医療大麻開放党」(元「大麻自由党」)代表。IQ65 。  生まれ持ってのADHD患者であることが、誤診16年を経て判明したが、挙句、様々な薬物中毒に陥る。現在の日本の、特に精神医療に対して激しい怒りを持っている。これからも、持ち続ける。  と、思っていたが、2019年1月8日、捜査、及び、化学(科学)的根拠、令状文、また本人の自覚にかなり疑わしき部分が残る事情をもって「覚せい剤取締法違反」に問われ逮捕される。  およそ5ヶ月の勾留を経て、服薬量が大幅に回復(およそ十分の一の量にまでに減薬)。それでも、現在も、こりずに薬物問題に向き合っている。  その他、前科前歴多数。その殆どが間抜けな不注意によるもの。  バンド(地獄の一丁目)活動を経てバンド仲間から絶交される(実質見捨てられる形)にいたり、現在、アーティスト名を「混沌コントロール」と名乗り、「まったくライヴ活動をせずインターネット上だけで(つまりこの部屋から一歩も出ず…)世界を制覇してみせる」と断言。  2014年、本邦において初の動きとして創立に及ぶ政治活動結社「大麻自由党」が中国華僑新聞等のメディアにて世界的に着目を浴びたが、日本においてはその性質上メディアが全く動けず無視され続けるが、今後の展開が期待を孕む。(Wikipedia参照)  さらに2014年、CNNにて、その演奏姿が全世界に放映されるに至り、ひとまずは、宣言通りの野 望、その入り口にたどり着く。これから更に精進いたします。http://www.youtube.com/watch?v=1ExUt6i0boM&list=UUedHp6KcvCTPn-vEkXm8GwQ 混沌コントロール公式サイト(CTRL Global Label) http://konton-control.com/ 混沌コントロールサウンドクラウド https://soundcloud.com/konton-control https://soundcloud.com/konton-ctrl 混沌コントロールYoutubeチャンネル http://www.youtube.com/user/kontoncontrol 「この部屋から一歩も出ず、世界制覇」などと書いてはいたが、2013年5月頃、孤独死寸前の状況下において、拘留を受けたため、家賃が払えず、結局、部屋を追い出される。およそ、このあたりがその人生の第一部、完。  ミュージシャンとしての夢は、ゴールドディスクをいつか手にしてみせる!ということであるが、こないだ、すっかり更新忘れてて、 ゴールド免許さえ取得できなくなった のが、実際のところ。  2019年6月現在、フリーランス、在野において作曲、アレンジ、サウンドクリエーターの仕事を請け負っている。  さらに!現在、自伝をもとにした大長編作文小説執筆中。つづきは出版本で!詳しくは出版本で!!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする