昔、わたくし、オカマに…

わたくしのようなビビリがしょっちゅうしょっちゅう、そのことで脅されたり、嫌がらせされたりしながらも、それでも、屈しなかった2014年にたててから今まで続けている医療大麻開放党、とやら、これ。これが問題です。

なぜ、おれが、そこで、なぜ、めだったらあかんねん。目立たせろや! この顔で目立ったところで何一ついいことあるわけあるか! 目立たせろ! というのも、著作を売りたい、一人前になりたい、せめて、との焦りだ。実際は十分恥ずかしいことで目立っている。それを自負してある。

実力的には、たいしたことないかもしれないが、見るべきところは、結構あると、おごっていた、いや、いまも驕り高ぶっている。そうでないと、やってられへん!

と、いうのも、はっきり言って、世の中の問題にすこしでも前向きに協力したい、と同時に、

「おまえら」の、ぼらんてぃあ、のためだけにやってるんちゃうんじゃ、と。

それは極めて、譲りきれない問題である。

 しょっちゅうしょっちゅう警察が家に来てた。これをたてて以来。まあわたくしが問題を起こすこともあって、だが。しかし、それも今は、治った。だいぶん。

そして、こないだまで五年間は、一切犯罪でやられてない。ちょっと、試し程度にFB上で知らされた売人と接触して、やってみたら、すぐにガサはいられたすよ。

それも、大阪から、新潟まで。

そのとき、いの一番に名刺を押収されました。医療大麻解放党 名刺

ありがたいことに、全国の警察で有名になってる、とのこと、知らされております。ある意味目だってるな、ざまあみろ、と思っていた矢先の逮捕でございました。

しかし、やっぱり、納得はいってない。逮捕、というものは、常に納得行かないものじゃないでしょうかね。少なくとも僕の場合は。悪意はないから! 不注意なので! どちらかというと善意でやってる、ので! そしてそれは、生まれつきの症状でもありますので、一生これと付き合っていかねばならない。

でね、そこでね。今回、あまりにも、代表、傷ついてしまってる、辛い、何が辛いって、なんかわからんが、確かに、今まで散々周囲の人間とケンカしてきた。というか、させられた、というか、その昔、

変な友人、

がいたんですけど、そいつ、よくわからんやつで、度胸がなく、実際は何も大したことできないのだけは確かなんですが、同性愛者なんですね。そいつが裏で手を回してまで、なんともうしますか、言いにくいんですけど、同性愛者の方! そう、知ってる人はしってる! おかまのSさん! 同姓の方には失礼いたします、シノハラさん! 以前、Mike Sasaharaと名乗ってた! いや、同性愛者に偏見とかはない。ただ、こいつにだけは、ちょっと、お礼いうとかなあかん、と思ってる。いや、ことばそのままの意味で。実際に、その、ほんと、彼ったら、もう、なんてゆうかしら、

一途な方

でありまして、しつこいったらないんですよ。

今でも、さんざん嘘っぱちの陰口叩かれていると思います。でも、間抜けで笑える面白いやつではあるんですよ。僕と一緒ですね。

そして、尊敬している方もいらっしゃるので団体名はひかえますが、ある、右翼団体の、しかし、警察で確認とったところ、右翼団体ではない、と、いわれましたが、政治の事自体は、僕はあまり得意でなく、また、勉強不足もあって、そして取り立てて、目立つほどの思想はないのでひかえます。

ただ、やつには、裏で手を回すという、それも他人を焚き付けて、わたくしを孤立させ、独り占めにしたい、というのが、あったみたいです。もしかして今もあるんですかね、いい加減、無理やから! あるいは、オカマの逆恨みとして、何をやってくるかわからない、というのがあり、実際、ヨメや家族にまでさんざん嫌がらせが、続いたし、今を逃すはずがない。だって、誰からも相手されてなく、相手してくれるのが、僕だけだと思いこんでるみたいなので。いい加減、そんな悪いやつ、とは付き合いきれません。ああ、こういうやつを悪いやつ、ていうんやった。友人を平気で騙してまで、そして、蹴落としてまで、しかも自らの手によらず、人を信じやすい人間を対象に散々遊び倒してた、というようなことを、さんざんラリった挙げ句、やつの口から聴いたこともある。嘘ばっかりつくんですよ、まあ、嘘をつかなければ生きてこれなかった、としても、それは、皆んな同じやからね!? 人を雑巾みたいに使うなや、と、いいたい。

そういうことにムカついて、わたくしは、一度、たった一度だけやつの顔面をかるく、であるが、なぐったことがある。

しかし、それが何故か嬉しそうだった!

友人としてなら、別に遊んだるけど、お前は、悪いことするから、もう、ちかづかん。一変半年くらい入れられてきたほうがええんちゃうか。どうせ、よんでるやろ。

ああ、すみません、脱線、失礼いたしました。

全く、僕には理解不能の気持ちです。

実際何人も被害者がいてますし、頭も悪い上、しっかり僕が「男だったら多少の体験くらい積んでおけ」と言って、しっかり処方薬の乱用法くらいのことは、覚えさせた、と言っても自己責任の上で、と前置きはしておいた。もともと、臆病で陰険な発想をすると思われた彼の考え方にわたくしなりの修正を最小限にとどめていわせてもらった。わたくしが正しい、とはいえないが、その意見を認め、それが正しいと、本人が認めていた。…気持ちの悪いことに、わたくしに「絶対服従する」とまで言い出した。そんな大げさ、相手にするほど、暇でもないので、話半分以下にしかきいてなかったが。

が、どうもは(あ、「彼」であってるかどうか、それすら不安なんですが)、わたくしの考えは、まあ、ともかく、あの性格が治るとは思えない。

僕は最後の最後まで友人になったものとしての責任から、面倒くさいことに、相手したつもりであるが、執行猶予期間に、なにか企んでることは、もう、長年友人をやっていた勘でわかるんです。

友人、といっても、あくまで彼のほうが一回りほど年上で、そんなこともあり、普段は敬語を使っておりましたが、今となっては、どうやってからかってくれようか、とそれを考えていますね、正直。

正直に言いましょか、刑事さんにもゆったんですが、ある夜、散々酒のんでラリり倒していたわたくしは、そう、時期もちょうどその時、脱法ドラッグ全盛の頃でした。あるよる、さんざんキメ倒してハイになったその衝動発言もあり、また、そのとき、実に、? がみじめ、あわれ、に思え、僕に、いわゆる、告ってきたからからには、それも、眠剤を多量に服用した挙げ句、決心を固めて告ってきたみたいで、いやあ、もう、ほんと、かわく暇、あらへん! いや、だから、おれはやってないって!ゲイ疑惑再び) 

いやあ、しかしゲイの気持ちってのがいまいちわからない

が、おれも生まれつきのADHDで散々辛い目にあってきた。友人としてせめてできることないんか、と思いこんでおりました。で、そうやな! と、覚悟を決めた! デカダンでいけ! そう思った! 

かわいそうやったもん! 

それに、普段、いつも、家に来て、まあ、僕も寂しかったから家に遊びに来ることを許可していたんですが、いい加減鬱陶しくなってくるくらいに

オカマ野郎が家にいる。

しかし、彼の散々ホラを吹いての話題(恥ずかしいことに友人だと思いこんでいたわたくしは)は一応楽しい。わたくしは、性格上、人を信用しやすいもので、と、いうより、ADHDは人を信用しやすい傾向にあると思う。なぜって、寂しいから。また、また、そんなことくらいで態度を変えたり、はしたくない。だが、やつは、僕を何と思ってたかわからない! 考えたくもない! 怖い!)で結局、彼は周囲を巻き込んで、裏で散々あの人にはこう言い、あの人にはこう言い、というのを、続けてたようだ。というか、実際に、それを、見せられた。

もちろん、そんなやつに友人はいない。人が信じられない、といってた。まあ、なんかあったんでしょう。そこは仕方ない。というか、どうでもいい。

え、わたくしですか、いや! やってない! 男とはやってないから(混沌コントロール、ゲイ疑惑!)

あと、皆さんにも、なんか手伝ってほしい、と頭を下げているにもかかわらず、大麻を吸うことには必死のくせに、問題には檻の外から眺めている、せいぜい石を投げて威嚇する、くらいの、勢いだ。あるいは、おばはんの井戸端会議のレベルだ。

ほか団体とは、また話が違う。違う、といっても、驕ってはいないつもりだが、正々堂々、総務省お墨付きでやってるところは、他にない。なぜって、捕まるから! 実際今まで、それに類したことをやろうとして、ことごとく、全員捕まってる。

今回、悔しいことに、ある事情も手伝って、わたくしも恥ずかしい話、捕まった。警察を挑発しすぎたのも知ってる。聞かされてる。どころか、それを狙ってもいた、正直。

どころか、それをやって、孤立してしまってるおれをキチガイ呼ばわりまでしやがって、「政治結社の存在は、まあ、いい」としても…みたいな感じで、中には大先輩で、著名ですらあるはずのMさんまで悪意と、イヤミで接してきたり、そして、なんかわからないが、失礼がありましたら、と、謝ってる、よくわからないが、

何故か謝ってる

にもかかわらず、無視されてしまい、話し合う姿勢すらなく、そしてわたくしもそれほど実際、暇ではなく、何度もお願いしてるのですが、何故か相手にされず、なんか、変に警戒されてるのだけは流石にわかってしまう。

なんかムカつくな、と思い、まあ、これ以上はいわれへん。ただでは。ああ、なんか長なってる。

ヒロポンの影響

に違いないきっと。まあ、あまり期待していませんがよろしくお願いいたします。

混沌コントロール・山﨑雅之介

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 音楽ブログへ



ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。

混沌コントロール

1978年兵庫県尼崎市生まれ。作曲家、著作者、愚か者。政治活動結社「医療大麻開放党」(元「大麻自由党」)代表。IQ65 。  生まれ持ってのADHD患者であることが、誤診16年を経て判明したが、挙句、様々な薬物中毒に陥る。現在の日本の、特に精神医療に対して激しい怒りを持っている。これからも、持ち続ける。  と、思っていたが、2019年1月8日、捜査、及び、化学(科学)的根拠、令状文、また本人の自覚にかなり疑わしき部分が残る事情をもって「覚せい剤取締法違反」に問われ逮捕される。  およそ5ヶ月の勾留を経て、服薬量が大幅に回復(およそ十分の一の量にまでに減薬)。それでも、現在も、こりずに薬物問題に向き合っている。  その他、前科前歴多数。その殆どが間抜けな不注意によるもの。  バンド(地獄の一丁目)活動を経てバンド仲間から絶交される(実質見捨てられる形)にいたり、現在、アーティスト名を「混沌コントロール」と名乗り、「まったくライヴ活動をせずインターネット上だけで(つまりこの部屋から一歩も出ず…)世界を制覇してみせる」と断言。  2014年、本邦において初の動きとして創立に及ぶ政治活動結社「大麻自由党」が中国華僑新聞等のメディアにて世界的に着目を浴びたが、日本においてはその性質上メディアが全く動けず無視され続けるが、今後の展開が期待を孕む。(Wikipedia参照)  さらに2014年、CNNにて、その演奏姿が全世界に放映されるに至り、ひとまずは、宣言通りの野 望、その入り口にたどり着く。これから更に精進いたします。http://www.youtube.com/watch?v=1ExUt6i0boM&list=UUedHp6KcvCTPn-vEkXm8GwQ 混沌コントロール公式サイト(CTRL Global Label) http://konton-control.com/ 混沌コントロールサウンドクラウド https://soundcloud.com/konton-control https://soundcloud.com/konton-ctrl 混沌コントロールYoutubeチャンネル http://www.youtube.com/user/kontoncontrol 「この部屋から一歩も出ず、世界制覇」などと書いてはいたが、2013年5月頃、孤独死寸前の状況下において、拘留を受けたため、家賃が払えず、結局、部屋を追い出される。およそ、このあたりがその人生の第一部、完。  ミュージシャンとしての夢は、ゴールドディスクをいつか手にしてみせる!ということであるが、こないだ、すっかり更新忘れてて、 ゴールド免許さえ取得できなくなった のが、実際のところ。  2019年6月現在、フリーランス、在野において作曲、アレンジ、サウンドクリエーターの仕事を請け負っている。  さらに!現在、自伝をもとにした大長編作文小説執筆中。つづきは出版本で!詳しくは出版本で!!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする