Daily Archives: 2018年2月28日

February 28, 2018 at 07:51PM

もう一度書くに、

警察といい、官僚といい、いつまでも下手に出ていると図に乗る一方、「記憶にございません」などとととぼける一方なことは、わたくしは気味が悪いほど、今まで身を以て痛感してきた。だから、あくまで規約にのっとった、「市民の権利」(憲法で我々の生まれる以前からすでに保証されている)、これを徹底的に主張し、かつ、とぼける隙を与えない、この態度を我々は忘れてはいけない、と思っている。「奴らの敗北の原因はたった一つのシンプルな答えだぜ、奴らはおれを、怒らせた」。

これは、役所の官僚ども、だけではなく、「政治家」という、大悪党官僚(わたくしも一応、その一味だが…)、こいつらも同じで、放っておくと我々市民のことなど、おかま扱い、じゃない、おかまいなし、に、やりたい放題やらかす。そして、政治家どもに叛旗を翻すと、我々一般市民は生活がおびやかされはしないか、色々な点で不利になりはしないか、などと、臆しがちだ。だが、やつらこそ、掴まれてはならない秘密、をたくさんたくさん実は持っていて、怯えており、そこが我々のあべこべな官僚どもとの関係性である、これは、たぶん、たぶん、ではあるが、かなり確証を持っていい得る実際だ。ここで我々が怯んでしまうと奴らの思う壺である、ということを忘れないでほしい。本当だ。実際、安倍総理にしろ、その奥方にせよ、塩崎(厚労省大臣)にせよ、散々、メッセージにておどし、いやいやいや、文句を言わせてもらったが、わたくしの生活は、惨めなまま、という点で何も変わってはいない! 本当だ。

February 28, 2018 at 07:00PM

この間、役所を脅しに行った結果、さすが、わたくしの相手の下手くそを突く才能と、上部機関へのしつこい通報、また録音がよほど堪えたのだろう、ひたすら相手にはしなかった引っ越し費用を出す、ということで「役所の官僚ども」に勝利した!ざまあみろ。