Daily Archives: 2018年2月20日

February 20, 2018 at 07:59AM

まあ、何事につけても、勉強になる、というメリットはある。しかし、この場合、最低に醜いものを実際に見なくてもいいのに、まざまざと、眼前において展開され、その醜さが勝ち誇って「証拠があれば、みとめますけどねー」などととってもいい気になりやがって、というのと、しかし、こういう長年、もともと鈍い頭を駆使せず、する機会もなく、弱者の揚げ足さえ取れば、それで大抵の弱者は、立場上の負い目から、黙り込んでしまっていた、という、悪循環が淀みに淀み、腐敗し切った構図で、その悪臭の中ですら、平気で不気味に笑って意に介さない、そんな「本物の小悪党」を見てしまった、おそらく、性的にも随分歪んでいるに違いない。わたくしは、そのように思う。でなければ、弱者を貶めて保身のため、あるいはつまらない意地のために、人の人生の天気を潰しておいて、なにごともなく、顔色一つ変えず、「聞き間違い、か、記憶違いでしょう」なんてことがいえるわけがない。その態度が続くのであれば、もはやこっちも徹底的に鬼と化すしかない。

February 20, 2018 at 07:34AM

わたくしはまだいいますよ。潔くて、この三十九年が生き抜いてこれたわけがない! 話し合いの途中、「お前、呼ばわりするんだったらもう話さない! 人として間違ってる!」とか、そんなつまらないプライド持ち合わせててる割に平気でそんな「記憶にございません」、だのという嘘がつけたな、ということなんだが、そもそも、お前が人の道を説教し始めた時点で世の中の、いや、日本の9割は、滅びかけている、と思う。おれは。まあ、そもそも、礼儀正しい、ということ自体が相手を騙すテクニックであるから、そういうところで、曲がりなりにも、長、のつく地位についてる奴だから、人を騙しても、うわべ上の態度は丁寧しろ、ということであろうか。それがそもそも、この卑屈な人間の、人間観、それも、国民の模範となるべく公務員の世界観、だとしたら、この日本の構造は前にもいったとおり、やっぱり破綻しているといって差し支えない。ざんねんだ。

February 20, 2018 at 05:43AM

 障害年金。あれの仕組みもちょっと、いやかなり、おかしい、そういわざるを得ない。要はいかに「医者」の機嫌を伺い、医者にとってわかりやすく、世間のイメージでは、治療は無理、だと思われがちだが、実際は打つ手はいくらでもある、という、「病名」「医者の書き方次第」なのである。実際に重度なる人間は、そもそも、あれが、まとめて客観的な文章でかけるわけがないのだ。ADHDなんかはこないだ、研究によって生まれつきの遺伝子疾患だと、わかり始めたばかりで、それまでは、性格の問題だとか、社会によって作られた病気、だとして、一方的に片付けられていたり、ひどい医者だと、存在を知らない、など、そんなことだから、いつまでたっても、ADHD患者の犯罪があとをたたなく、特性の活かし方、など、この日本社会では、ほとんど知られていない。「一生治らず、治療薬としては、覚せい剤の類、大麻などがあるだけ」で、あとは、そんなものよりもはるかに危険な新薬が、なんとか、実験材料に投薬させられてあるだけである。そして、伝達物質のアンバランスから、当然、不眠に陥るし、それを安定させるために、薬物依存に陥るのは当たり前であるし、社会的な無理解はどんどん本人を孤独に追いやり、ときにその孤独を埋めるために創作ということや、一途な追求がなされるけれども、医者も、厚生労働省もこの疾患の恐ろしさを身をもわかっておらず、当人もいわれるがままに、ショックを受けやすく、傷つきやすい感受性が、うつ病へと、二次障害を作りやすい上、薬物依存にも、移行しやすいので、「一時的な心の風邪ひき」が一生に渡って続くことになり、二、三十年その不調に気が付いた時に、ようやく本人も、なんかおかしい、ということに気がつく。本当は、小学生の頃からの通知表を見れば、一目瞭然なのであるが。

February 20, 2018 at 04:51AM

このように、自分のいった言葉にすら責任を持たない輩が官僚の中で、所詮係長、といえど、それなりの地位を得ているのだから、それも、法律で定められたことを平気で無視して「記憶にない」の一点張りでごまかしが効き、もともとやる気のでない障害者をイジメてそのカネは何に使われているのかわからないというんだから、救いようがない。今までもそうやって、平気で障害者たちの自立への道を阻んで、今現在のさらに「最低限度の生活」とやらが、最低限以下になりつつあり、そのカネの行方は我々は知らないままだ。

February 20, 2018 at 12:49AM

書きたくも音声公開もしたくはなかったが、もし、仮にここで、わたくしがやらずに、こそこそ影でグチばかりいっているようでは、日本の官僚どもは一向によくならず、こういう「不正」をくり返し続け流のだと思うと、妙な正義感を発揮してしまった。といって、正義感岳、というのではなく、ムカつくから、が、最大の理由である。